BSB制作日記  ベストシーズンへ

 製作に遠征に大変忙しい9月でした。皆様におかれましても忙しくなりますね(^^)

良い釣果を期待しております。

 現在私は唐津、西宮、高山を行き来することが多く釣りも多種多様に。

特にチヌを様々な釣法で仕留める事をテーマにチャレンジもしています。

かかり釣りは1日釣り。時間がない時にもっと手軽にデカいチヌを仕留めるタックルは?

何か面白いことが始めれそうな予感がしています。

 製作の方はカスタムロッドも絶好調で特に大型対応のロッドが良く出ます。

本当に大型のみを狙われる方が絶対に言われる部分「トルク」にも対応できる技術が身についています。

10月は逆に中型クラスやトーナメントロッドが中心に。BEASTにインスパイアされたカスタムロッドは同じく

しっかり掛ける!早く取り込む!が基本コンセプトになっています。

 「BEAST」はご予約者様のご対応を優先しており在庫が安定して積める状況ではありません。

しかし日々少しづつ製作を進め前倒し出来ていますのでもう少しお待ちください。


NISHIYAMA'S CUSTOM #2109

X155/165 MH4 Nishiyama-model

blanks:MH4  FAST #2019 

seat:X(DG)

grip:EVA

guide: SIC×5/6

 かっこよくないですか?シンプルだけど高級で強そうな雰囲気が出ています。

ヘビーユーザーのNishiyamaさんのカスタムは毎回勉強になります。性能へのこだわりは勿論ですが

全体のデザインも一貫していて本当にうまい!と思います。

 前作はMH3で今回はMH4.この4本があれば完璧ですよね!


対大型仕様

ALPS170 MH4 X.FSAT 

blanks:MH4 X.FAST #2019

seat:ALPS(NEW!mattBLK)

guide:TZ

grips:Winn×MHX

 かかりスタイルで超大型を狙うチームがあります。昨年来オーダーを頂けるようになり、

特化した製品開発に成功しました。リールの種類や釣り方も独自の進化を遂げた部分があり、

ブランクス性能やTIPS性能等なかなか市販のロッドでは対応が難しいですよね。

 今回はベイト仕様。ですがあえてALPSのトリガー無しを選定しています。

しかしALPSはトリガー無しでもベイト対応の構造に最初からなっています(写真を参照ください。しっかりパーム出来る構造です)。

カラーも新しく仕入れたマットブラック。これがかなりシブイです。

 ブランクスは170とこの釣りではややショートレングス。短いから曲がる?は無いです。

バット部分にはしっかりと強度を持たせロッドが起こせるように。ベリーからティップにかけても性能を引き出すガイド配置に。

のされるとブランクスの反発力は返ってきません。アングラ―が有利な状況を早く作り出す事が重要ですね。


得意なDesign

ALPS 160 MH3 M.I-model

blanks:MH3 M. FAST #2019

seat:ALPS(G)

guide:Plasma(G)

grips:carbon

 BSBの顔でもあるALPSモデル。安定感があります。

このアルミシートの質感が他のパーツとうまく馴染んでくれます。

シルバーやブラック、ガンメタ等バリエーションも魅力ですね。

 160でMH3を採用しM.FASTアクションに。中型~大型2.5kg設定。

穂先も先調子を選定されています。かなりピンピンのロッドですね!(^^)!

ブラック&ゴールドでシンプルに。ガイドもPlasmaゴールドで雰囲気出ています。


9月遠征…

 8月末から9月かなりの遠征を組みました。少しやりすぎました。

10月も忙しくなりそうです!


*コメント欄でお問合せを頂くお客様へ・・・当サイトの「お問合せ」のページからお願いします。