BSB制作日記 ~同じ感覚~

 KAWANISI氏とのコラボレーション企画第1弾。

今回は160、175、230を製作しました。デザイン含めスペックもBSBらしさを前面に出した3本です。

KAWANISHI氏の遊び心にも何か共通点を感じました。


1.BSB&theNPG-X.Limited(world design.c)160 MH3

 

 X-Limitedは2018年の最新カスタム。

ブラックにMHX-LINEで近未来を連想させるデザインに。

もちろんスペックも第3世代に入り、パワー、曲がり、バランス共に完成度が高くなっています。

160でMH3のセッティングですので大型仕様になります。

 非常にお問合せの多いモデル。製作にもかなり時間がかかります。

ご了承いただければと思います。


2.BSB&theNPG×ALPS-RPD 175C1

 

 C1コンポジットブランクスを搭載したRPDモデル。

良く曲がり高反発。中~大型で面白いロッドです。

こだわりの一本はシンプルですが細かいカスタムが施されています。

例えばカーボングリップもEVAとコンポジット化。リールシートとグリップの継部分で

中指、薬指が気持ちよくかかります。エンドにバランサーも内蔵し江尻若干長めのセッティング。

気持ちよくロッド操作が出来ます。

 自分の思う通りに細かく仕様をセッティングして、自分だけのスタイルに。

 

3.BSB&theNPG-TVS 230M1

 

 230㎝のロングロッド。波止場から黒鯛を狙う為にカスタムしたロッドです。

M1ブランクを選定し、軽く良く曲がる小~中型仕様のセッティングになっています。

バランサー無では110gで仕上がっています。

 TVSシートはシルバーでその他はパープルとピンクの単色でラッピング。

微妙なグラデーションで飾り良い雰囲気が出せたと思います。

 このカスタムロッドの面白いところは、その他のユーザー様でも採用されているハズすテクニック。

グリップやフロントフードを別素材でバラバラのパーツで組んでいく方法です。

今回はフードはカーボンシルバー、グリップはEVAコンポジット(ピンクブラック)、エンドグリップはWinnのピンクです。

完成するとうまく個性的に纏まっています。

 KAWANISI氏とのコラボレーション企画は続きます。

カタチにとらわれない、自分が一番楽しめる、自分だけのスタイル。

BSBではそういうロッドの製作がこれからも出来ればと思います。